「AIが仕事を奪う時代」に知っておくべきこと|AIに仕事を奪われる(仕事がなくなる)人とそうでない人の違いは?

近年、人工知能(AI)の活用が進み、私たちの生活や仕事に様々な影響を及ぼしています。

企業は自動化とAI技術に大規模な投資を開始し、さまざまな仕事、そして私たち労働者に大きな変化をもたらしています。

これらの進歩はエキサイティングでワクワクしますが、その反面、

  • AIがあなたの仕事人生にどのような影響を与えるか?
  • 私たちを取り巻く技術革命の中で、競争力を保つために何をすべきか?

これらを理解することが不可欠になっています。

この記事では、AIが仕事を奪う(AIによって仕事がなくなる)ことについて情報や、今後検討すべきいくつかのヒントについて説明します。

※リンクにアフィリエイト広告を使用している場合がございます。

目次

なぜAIが必要なのか?

人工知能は、私たちのテクノロジーとの関わり方を大きく変える可能性を秘めています。

継続的に学習する能力を持つAIアプリケーションは、私たちの日常業務の時間短縮と効率化に大きく貢献します。

また、予測分析やデータマイニングにも利用され、顧客ニーズや嗜好をより深く理解することができるようになります。

さらに、AIは自動化されたプロセスの最適化にも利用されており、企業の収益性と持続可能性の向上に繋がります。

職場における人間の意思決定をサポートできるテクノロジーへのニーズが高まる中、コスト効率、競争力、安全性を維持するために、AIはますます必要不可欠な存在になってきています。

「AIで仕事がなくなる」は嘘?

最近の報道では、人工知能(AI)の台頭によって世界中で大規模な、しかし避けられない雇用の喪失が起こるとされています。

しかし、これは事実なのでしょうか?

AIは確かに、さまざまな分野や産業で特定の仕事を奪う可能性があります。しかし、技術の進歩やAIの応用によって生み出されるチャンスも、同時に数多く存在します。

例えば、自動化が進めば人々は退屈なルーティンワークから解放され、より創造性や研究可能性の高い高度な仕事に集中できるようになるかもしれません。

データサイエンスやサイバーセキュリティなどの分野では、刻々と変化するテクノロジーとAIの発展により、常に新しい仕事が生み出されています。

AIの進歩による雇用の終焉を恐れるのではなく、将来の成功と持続可能性のために、その可能性を最大限に生かす方法を模索すべきではないでしょうか。

AIでなくなる仕事(AIに奪われる仕事)の特徴とは?

人工知能(AI)は私たちの仕事のやり方を変えつつあります。

すでに多くの産業が、人間の労働の代わりに機械や自動化されたプロセスに頼っていることからも変化は必然です。

この変化は、AI関連分野での雇用機会を創出する一方で、将来的にAIに取って代わられる可能性が高い職業もあります。

  • データ入力・分析
  • カスタマーサービス、テレマーケティング
  • 製造および組立ライン作業
  • 輸送とロジスティクス
  • 財務分析、予測

さらに、ジャーナリストや医療コーダーのような高度な技術を要する職種も、自動化されたアルゴリズムに取って代わられつつあります。

過去は代替不可能とされていた仕事も、AIの進化によって徐々にその領域を侵されつつあるのです。

AIでなくならない仕事(AIに奪われない仕事)の特徴とは?

AIが期待されるとはいえ、AIが代替できない仕事もあります。

  • 医師、看護師、セラピストなどの医療従事者
  • アーティスト、ライター、デザイナーなど、クリエイティブな職種
  • 教育者、トレーナー
  • ソーシャルワーカー、カウンセラー
  • 美容師、フィットネスインストラクター、シェフなどのパーソナルケアおよびサービス職

自分の知識や技能を駆使して完成させる仕事や、極めて人間的な認知・判断が必要とされる仕事は、AIに完全に置き換えることができません。

将来的にAIやロボットと何らかの形で連携する可能性は高いですが、その複雑な性質から、これらの役割が完全に代替されることはないでしょう。

AIに仕事を奪われないためにすべき対策とは?

人間の居場所を守るためには、AIに仕事を奪われないような積極的な取り組みが重要です。

  • 雇用の喪失が大規模に起こらないよう、AIの利用を監視・規制する。
  • 労働者の権利を守るため、AIの利用をめぐる法律や規制を強化する。

こういったAIを否定・拒絶するような施策は取るべきではありません。

  • 新しいスキル、特に創造性、問題解決、批判的思考など自動化の影響を受けにくいスキルを継続的に更新し、習得すること。
  • 技術の発展や、自分の業界や仕事への潜在的な影響について常に情報を得る。
  • 新しいビジネスチャンスに気づくために、業界内の人々とネットワークを作り、関係を構築する。
  • 自己啓発に力を入れる。
  • 自分のビジネスを始める、または起業家になることを検討する。

上記のようなポジティブな動きを模索すべきでしょう。

政府や経営者の取るべき対策としては、

  • 再教育プログラムへの投資。
  • 労働者のセーフティネット(ユニバーサル・ベーシックインカム)の提供。
  • 新産業・新事業開発の奨励・支援。
  • 社会の最善の利益と一致する健全な規制と監視。
  • 政府、民間企業、教育機関の連携促進。

人間の労働機会を保護し、人々が自分の将来について十分な情報を得た上で決断するために必要なリソースを与えることを目的とした戦略を組み合わせることで、自動化の悪影響から保護しながら、産業の成長を可能にすることができます。

まとめ

AIは、私たちとテクノロジーとの関わりを大きく変えていきます。

学習機能を増したAIアプリケーションの力を借りることで、私たちは日々の作業をより効率的できる可能性を秘めているのです。

また、AIを予測分析やデータマイニングに活用することで、顧客のニーズや嗜好に対するさらなる洞察を得たり、自動化されたプロセスを最適化して利益向上を実現したりすることができます。

職場における人間の意思決定を支援する技術が求められ続ける中、人工知能を活用する必要性はますます高まっています。

具体的なAIツールについては、別の記事で詳しくご紹介していますので、よろしければあわせてご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ライター@AI侵食中。

目次